ヤフオクで中古の一眼レフカメラを安く買う方法!気をつけた方がいい出品の見分け方とは?

安い中古の一眼レフカメラを購入するときは、カメラの専門店やヤフオク などが選択肢に上がってくると思います。
実際私もカメラを始めたくて最初に購入したミラーレス機のX-A1は、ヤフオクで購入しました。

 

FUJIFILM X-A1レンズキット購入

 

まだ手元にないのですが、先月PENTAXのK-30も購入していて、何度かヤフオクを使ってみて、「こうしたら安く購入できそうだな」「ここは気をつけた方がいいな」と思った点があるので、今日はそのことについてご紹介したいと思います。

また別記事にしてアップしたいと思っているのですが、ヤフオクで購入してみて、本当に一眼レフデビュー用のカメラだったら、ヤフオクではなく、カメラ専門店から新品または中古の状態の良いものを購入するほうがおすすめだと思っています。

個人的にヤフオクでまだすごく失敗をしたことはないのですが、オークションゆえのトラブルもあるようなので、この記事でもそうした注意点を含めてお伝えしていきます。

 

一眼レフをヤフオクで安く手に入れる方法

1. 落札相場を確認

ヤフオクで欲しいカメラの名前を検索すると、普通はこのような表示になっていると思います。
(ここでは、中古価格もこなれてきていて、初心者の最初のカメラとして良さそうなEOS Kiss X7と入力してみました。)

Kiss X7がどのくらいの価格で落札されているかを確認するため、「開催中」の右側にある「落札相場」をタップすると、こんな画面に切り替わります。

 

 

どんな価格で落札されているのか、おおよその値段をみることができるので、実際にオークションに入札する時は、この価格と比べてみてお得かどうかの目安にします。

本体のみ、レンズキット、ズームキットなどでも価格がかなり変わってくるので、それぞれ調べたい相場があれば、検索バーのカメラ名の後に続けて入力してみてくださいね。
(例:Kiss X7 レンズキット)

 

2. 残り時間が短い順に並べ替え

 

ヤフオクでは、人気のアイテムは終了時間のかなり前から入札件数が多く、値段がつり上がりやすい傾向にあると思います。残り時間が短くても入札が少なければ、それだけ少ない金額で落札できる可能性も高くなります。

気になるアイテムの検索画面で、「A→Z」をタップして、表示順を「残り時間が短い順」にしてみてください。

 

 

 

すると、このような感じで、終了時間に近いものから表示されるようになります。
カメラ本体だけでなく、いろいろなジャンルのものも表示されるので、カテゴリーで絞り込むとカメラだけを表示しやすくなります。

終了時間が近いもので、前にチェックした落札相場より安いものがあれば、お得なアイテムかもしれません。
気になるカメラがあれば、ここからチェックしていきます。

 

3. 商品の画像や詳細をチェック

気になるカメラは、画像や詳細などを詳しく確認していきます。商品説明欄に説明が書いてあるので、購入手順などを含め確認しましょう。

カメラ本体の画像がたくさん掲載されていることが多いので、目立った傷はないか、使用感はどれくらいか、壊れていそうなところはないか、ミラーやセンサーは綺麗かなど、画像から読み取れそうな情報をできるだけチェックしていきます。

商品説明欄に付属品の掲載があっても、「画像に写っていないものは付属しません」と表示されている場合もあるので、チャージャーやバッテリーなど別に購入しなければいけない付属品があるかも一緒に見てみることをおすすめします。

 

4. 終了時間ギリギリに落札

終了時間よりかなり前に入札してしまうと、他の入札者との競争が速く始まり、予想より高くなってしまうことも。

私はできるだけ終了時間ぎりぎりまで待ってから入札するようにしています。
(入札すると終了時間も延びたりするので、その場合は他の人が入札しない額まで頑張るしかありません・・・)

ルールとして決めていることは、落札したい値段を設定し「これより高くなったら入札しない」と決めています。
オークションはどんどん値段が上がって、気づいたら予算オーバーだった・・・ということが起こりやすいと思うので、設定金額を超えたら「もっといい価格になるときがあるかも」「今は買い時じゃなかった」と考えを変えるようにしています。

 

 

信頼できそうな出品者かどうかをチェックする方法

商品がいい感じに見えても、ちゃんと掲載された内容通りのものが届くかどうかが心配ですよね?
残念ながら、ヤフオクにはすべての出品者がいい人ではないもあるようです。

完全に信頼するのは難しいのかもしれませんが、私の判断の仕方をご紹介してみます。

 

評価・ストアをチェックする

 

・評価

まず一番わかりやすいのが評価だと思います。
直近の評価の横にある太陽マークの数字が高評価、傘マークの数字が低評価の数です。

低評価がたくさんある場合は、取引に満足していない人が多いということ。青文字の数字をタップするとどんなトラブルがあったのかコメントから確認することができます。

 

・ストア

紫色タグの「STORE」という表示は、ヤフオクに店舗として出品しているお店ということ。

ヤフオク!ストアになるには古物商などの免許や一カ月の取引の数など、一定の基準を満たしていないといけないので、ストア表示があるということは、それらの基準を満たしたお店だということになります。

ストアでも評価が良くないところもあったりするので、評価の確認は大切ですが、個人出品の多いヤフオクの中では信頼度が高いと判断できる一つの要素かもしれません。

 

 

ジャンク品には気をつけて!

たまに欲しいカメラが「ジャンク」と書かれて、すごく安く出品されていることがあります。

「ジャンク」と書かれているものは、基本的に「故障品」として出品されています。
そういうアイテムは「ノークレームノーリターン」、つまり説明にどんなに良いことが書いてあったとしても、返品・返金に対応してもらえないことがほとんどです。

ジャンクなのに、「動作未確認のため」「美品」など一見まだ使えそうなキーワードが書いてあると、「動くかも!」と思って買ってしまい、やっぱり使い物にならず返金してもらえない・・・なんてことになりかねません。

ヤフオク巡りをしていて、怪しい出品を見分けるポイントに気づいたので、シェアしたいと思います。

 

いい例

まずは、「この出品者なら大丈夫そうだな」と判断できそうな、いい例からご紹介します。

 

 

こんな感じの商品ページ。
商品説明を見てみると・・・

 

 

・外装カバーのヒビ・欠け
・液晶モニター内のホコリ
・外装の使用感
など、かなり細かくジャンク扱いになった理由が説明されています。

カメラとしての機能に問題がなく、上の傷などが気にならなければ、まだ使えるカメラなのかもしれません。

 

次は出品者について見てみます。

 

今のところ低評価はなしで、すべて高評価。
ストア表示もあります。

ここで低評価があれば、その理由をチェックしてみたいところですが、高評価だけなのでおそらく今のところは大きなトラブルがある出品者ではなさそうな印象です。

 

注意したい例

次は、「購入はちょっと待った方がいいかも!」というアイテムについて見てみましょう。

 

 

見た目はいたって普通のこの出品。(出品を特定できないようにモザイクをかけています)

商品説明を見てみると・・・

 

ジャンク品の理由は「動作未確認」。

動作未確認ということは、「まだ動くかも」ということです。
実際、質屋さんなどが出品している場合は、同じ型のカメラの扱いがなく、「文字通りの動作未確認なんだろうな」と取れる場合もあります。

でも、動作を確認したのに「動作未確認」と銘打って期待させて、故障品を出品している可能性はないでしょうか・・・?
その判断を助けてくれる、一つの方法があります。

それは、同じ出品者の別の出品を見てみること

評価の下にある、「出品中の商品を見る」をタップします。

 

 

このカメラの場合を見てみると・・・

 

 

同じ機種の動作品が出品されてる!!

ということは、「動作確認に使えるバッテリーがあるにも関わらず、もう一方のカメラでは動作確認をしていない」という話になります。

カメラを売るなら、ジャンク品としてではなく、完動品(ちゃんと動くもの)として出品したほうが高値で売れるはずなので、使えるバッテリーがあるのに使わないのはなぜなのでしょうか?

理由や事情はいろいろあるかもしれませんが、「確認したけど動かなかった→ジャンク品としてノークレーム・ノーリターンで出品」というケースもゼロではないと思うので、こういう場合には避けておく方が良いのかもしれません。

 

少し触れたように、「本当にバッテリーやチャージャーがなく確認できなかったのかも」と思える出品もあります。でも、配送時や何かの理由で届いたときに動かなくても返品できない可能性もあるので、ジャンク品を購入する際は「本当に動かない可能性があっても大丈夫なのか」を考えてみることをおすすめします。

初一眼レフは、中古でも保証期間のあるもので初期不良にきちんと対応してくれるお店での購入がいいと思います。

 

評価がないと購入できないケースも!

カメラを購入するまでヤフオクを使ったことがなく、ヤフオク初心者な私。
購入者の側にも「評価」があって、「評価が0の新規の方は落札できません」と書いてある出品があって驚きました。

個人同士でやり取りすることが多いので、出品側もトラブルを防ぐために行っている対策のようです。「評価がなくても落札前にコメントすればOK」など、出品者によってルールが違うので、色々と比べてみてください。
 

落札したら、できるだけ早く連絡・支払いを

ヤフオク では、「入金や連絡が2日以内になければ自動的にキャンセル」など、出品者ごとのルールがあります。こちらのアクションがなかったせいでキャンセルになると、アカウントに悪い評価がついてしまい、次回以降の取引の妨げになってしまう可能性があります。

商品説明の欄や落札後のメッセージに書かれている手順に沿って、記載された期日内に手続きを行いましょう。

 

上手にヤフオクを利用して、格安でマイカメラに出会う

色々と気にしなければいけないポイントが多いので、初心者にはあまりおすすめできませんが、かなり格安で一眼レフを手にすることができることがあるのはヤフオクのメリットです。

「試してみたい!」という方は、注意点に気をつけつつ、お気に入りのカメラを探してみてくださいね。