《Filmora無料版》を使う前に知っておきたい!ウォーターマーク・期限・機能について

watermark

Filmoraの無料試用版って使えるの?

 

filmora-free

「画像編集ソフト」と検索すると、必ずと言って目にするFilmora。

「気にはなるけど、買う前に試してみたい」「使うのは短期間だけだから無料で済ませたい」という方も多いのではないでしょうか?
特に、結婚式のムービーや学校のイベントで使う動画など、特別なイベントの時しか使わないなら、できるだけコストをかけたくないもの。

今回は、Filmoraの無料試用版について気になることをまとめてみました。

 

 

無料の期間に制限はなし

 

Filmoraの無料版はいつまで使えるのか、気になるところです。

実は、他の無料ソフトによくある「30日限定」などの期間的な制限は、Filmoraの無料版にはありません。
なので、無料版でもゆっくり自分のペースで編集をすることができます。

 

 

基本的な機能に制限なし

 

 

Filmoraの無料版では、基本的な編集機能も製品版と同じように使用することができます。
製品版を購入する前に試しておきたい機能を使うことができるので、アクションカメラやカラーフィルターなど気になる機能があれば、無料版でためしてみるのがおすすめです。

動画編集の機能を一通り試すことができるので、自分の希望通りの編集作業ができるのかどうか見極めるのに役立ちます。

 

Filmoraの機能

引用元:https://filmora.wondershare.jp

 

引用元:https://filmora.wondershare.jp

 

引用元:https://filmora.wondershare.jp

 

初めて動画編集する人や、初心者の方なら必要十分な機能がそろっています。
私も実際に使っていますが、直感的な操作で、思ったより簡単に動画を作ることができています。

高度な機能が入っているFilmoraですが、「動画編集は簡単に済ませたい!」という方にぴったりな「簡単編集モード」というモードもあります。

使いたい映像や音楽を選ぶだけの数クリックで、簡単に動画編集ができるので、こちらも気になる方は体験版で使ってみてくださいね。

 

 

無料試用版でも、無料エフェクトが使える!

引用元:https://filmora.wondershare.jp

 

Filmoraの公式サイトでは、エフェクトパックやフォントなど、フリーで使える素材をダウンロードすることができます。無料エフェクトも試用版で使うことができるので、気になるものがあれば気軽に試すことができます。

詳しくは、こちらの記事を見てみてください。

 

watermark《Filmora無料版》を使う前に知っておきたい!ウォーターマーク・期限・機能について

 

無料版と製品版の違いは、”ウォーターマーク”

watermark

 

ここまで、「期間にも機能にも制限がない」と聞いて、不思議に思った方も多いのではないでしょうか?
制限が全然ないなら、製品版と変わらないんじゃないかと思ってしまいますが、実は、無料版の制限は”ウォーターマーク”

ウォーターマークとは、写真や動画に小さく入っている、著作権などを表すマークのことです。
よくYoutubeやインターネットで検索した画像に入っているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

Filmoraの無料版では、作成した画像を編集、プレビューまでは製品版と同じようにできるのですが、
その動画を動画ファイルに出力させた時に、”Filmora”とウォーターマークが画面内に入ってしまいます
作成した動画は、それぞれ再生させる機材に対応した動画用ファイル形式に変換する必要があるので、その時に自動でウォーターマークが挿入される仕組みになっています。

製品版を購入することで、出力した際のウォーターマークを消すことが可能になります。

ウォーターマークのデザインや位置はFilmoraのバージョンによって変わるようですが、上の画像にあるように、かなり目立つ位置に入るようになっているので、家庭で一次的に楽しむのなら気にしないこともできるかもしれませんが、イベントなどで大勢の人の目に触れることになると、やはり製品版を購入して、ウォーターマークを消去する方が良いかもしれません。

 

Filmoraを安く購入する方法

Filmoraの無料版を使って気に入った場合や、「ウォーターマークの存在を知らず無料版で仕上げてしまった!」という場合には、少しでも安く製品版を購入できないか考えますよね?

私も無料版を使って気に入ったのですが、定価の7,980円では予算オーバーで、安く買える方法をかなり調べました。

そこで見つけた情報をご紹介します。

 

期間限定のライセンスは1000円割引

 

Filmoraの公式サイトでは、1つのパソコンでずっと使い続けることができる「永久ライセンス」の他に、1年ごとに更新する「年間更新ライセンス」というものが販売されています。

年間更新ライセンスは6,980円なので、7,980円の永久ライセンスよりも1,000円安く購入することができます。

数年間ずっと使い続けるなら永久ライセンスの方が割安ですが、「イベントで1度きりしか使わない」「在学中の今年しか使わない」など、1年間だけ使えれば十分という時には、15%弱の割引があるのは良いですよね。

「公式サイトから購入したい」という方は、チェックしてみてください。

 

Win版

 

Mac版

 

 

Vector PC ショップなら永久ライセンスが約25%off!

次にご紹介するのは、私が実際に購入した方法。
Vector PC Shopを通して永久ライセンスを約半額で購入しました。

7,980円が5,980円に!これは探した中で一番高い割引率でした。

 

Filmora Vector PC Shop

引用元:http://n.shop.vector.co.jp/

 

最初は、1万円近くすることの多い動画編集ソフトが安く購入できることにかなり驚き、「本当かな?」と思ってかなり迷いました。

恐る恐る購入することにしたのですが、杞憂だったようで何の問題もなくちゃんと使えています。

5,980円は、私が調べた中でも一番安い価格なので、少しでも安く購入したい方はチェックしてみてくださいね。

公式サイトよりもインストールやレジスターの手順が少し長くなるかな?と思いますが、上の記事の通りにすれば、そこまで迷うこともなく使えるようになると思います。

 

ベクターPCショップへ (Mac版)

(Win版もページ内のリンクから見ることができます。)

 

購入したときのことも記事にまとめているので、購入の流れなど気になることがあれば読んでみてくださいね。

動画編集ソフトFilmora が25%OFFに!セールで安く買ってみたので、購入方法を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

無料版の特徴を知って使いこなす!

 

ウォーターマークの存在について認識されておらず、無料版についてシビアな意見があがることもあるようですが、ウォーターマークがある以外は期限や機能が制限されていないので、かなり自由に動画編集をすることができます。

製品版が自分に合っているか制限されずに満足に試すことができるだけでも、無料版にはメリットがあるのではないかな?と思います。

Filmoraがどんなものか気になる方は、ウォーターマークがあることを念頭に置きつつ、無料版のメリットを生かして試しに使ってみてもいいかもしれませんね。

 

無料版をダウンロード