雰囲気のある写真を楽しもう!雨の日の写真の撮り方

夏が終わりかけ、だんだん秋になりそうなバンクーバー。
意外と知られていないんですが、バンクーバーは夏の2ヶ月以外、
ほとんど雨と曇りの毎日。
・・・というわけで、今回は、雨でも雰囲気のあるきれいな写真の撮り方を調べてみました!
これで秋が来ても写真を撮るモチベーションを保とうと思います。

ホワイトバランスを変えてみる

まず最初に変えてみたいのが、ホワイトバランス。
雨の日って、独特のしっとりとした雰囲気がありますよね?
その雰囲気を写真に撮りたいんだけど、なぜかいつも「どよーん」としただけの暗い写真になっていました。
今回調べてみたことで、ホワイトバランスを変えてみればよかったんだ!と納得。

白色電球がおすすめ

ホワイトバランスの設定は、青みがかった色が出る白色電球がおすすめ。
雨の日の少し肌寒い感じが、青みのあるカラーで引き出されて、雨の日らしい雰囲気が出るそう。
太陽光や電球だと、黄みがかったカラーになってしまって、
雨の日なのに、なぜか明るい印象になってしまいがち。
きっとこれが私の失敗の元でした。
自分の好みのカラーが出せるよう、撮影の最初にホワイトバランスを色々変えてみようと思います!

手ブレに注意

雨の日って少し薄暗いから、手ブレしやすいらしいです。
あまり意識したことはなかったんですが、言われて見ればそうかも?
そういえば雨の日に車から写真を撮ったらブレブレな気がします。
暗いときにオートモードで撮影していると、
シャッタースピードが遅くなって手ブレが出やすくなってしまうそう。
シャッタースピード優先モードかマニュアルモードで調整すると良いみたいです。

シャッタースピードとISOを上げる

シャッタースピードを上げると、今度は画像が暗くなってしまいますよね?
これでは困るので、シャッタースピードと一緒にISOも上げましょう。
こうすれば手ブレもしにくく、明るい写真が撮れるようになりますね!

雨の日が楽しみに

カメラを勉強しだしてから、少し変わったのが、
「雨の日も少し楽しみになってきた」ということ。
これまでは、「また雨の季節だー」とちょっと嫌だなと思っていたんですが、
最近は「どんな写真が撮れるかな?」と前向きに。笑
また毎日雨だと嫌になってくるかもですが、
しばらくは雨を楽しみにしてみようと思います。