SDカードが壊れた!無料でデータを復元する方法【PR】

SDカードのデータが破損!!でも諦めないで!

 

せっかく撮った写真、でもSDカードをカメラやパソコンに入れるとエラーが・・・
なんてこと、起きたことありませんか??

予備のSDカードに記録してなかったら、データも破損して無くなった!!なんてことになったら、ショックですよね。。。

 

 

私も実際、こんな画面がこの前出てきて、かなりパニックに!!(パニックになりつつ、ブログのためすぐにスクショを撮りました(笑))

でもその後調べてみると、無事にデータを復元することができたので、今回はその時に復元させた方法を紹介したいと思います!

SDカードが壊れた!読み込めない!という場合以外にも、パソコン内のデータが飛んだ!ハードディスクが破損!などの場合にも使えそうなので、ぜひ諦める前に試してみてください!!

復元前のフォーマットは絶対NG!!

 

まず、壊れたSDカードをカメラやパソコンで読み込もうとすると、「フォーマットしますか?」という確認が表示されますが、復元させるまでフォーマットは絶対にしないでください!

フォーマットさせると、今までのデータがリセットされてしまって、復元できるはずだったデータが復元できなくなる可能性があります。

パニックになっても、まずは落ち着いて、フォーマットはさせずにそのままの状態にしていてください。

 

壊れたSDカードを無料で復元する方法

 

ここからは、私が実際にSDカードのデータを無料で復元させた方法をご紹介していきたいとおもいます。

データが壊れる前に、EaseUSという会社から商品紹介の記事のお願いのメッセージを受けていて、「もしデータが飛んだら試してみようー」と軽ーく思っていたので、データ復元のソフトがあることは知っていました。

今回実際に試してみて使えたし、無料で復元できたので、記事にすることにしました。

※連絡を頂いたといっても、商品提供や報酬を頂いたわけではないので、完全に個人の感想でこの記事を書いています。

 

1. EaseUS Data Recovery無料版 をダウンロード&インストール

引用元:https://www.vector.co.jp/

まず、EaseUS Data Recoveryのソフトをダウンロードします。

製品版もありますが、無料版でもデータを復元できるかどうか確認することができるので、まずは無料版を試してみることをおすすめします。

ダウンロードするソフト名に【無料版】と書かれていることを確認したら、「ダウンロードはこちら」からダウンロードします。

仮に有料版を選択してしまったとしても、ショッピングカートに追加されるだけなので、間違えた場合は購入に進まず、もう一度戻れば料金が発生することはないので大丈夫です。

 

無料版ダウンロードページへ

 

2. ソフトを開いてスキャン

 

ダウンロードが済んだら、EaseUS Data Recoveryのソフトを開いて、データを復元させたい場所を選択します。

私の場合はSDカードなので、上画像の右下の【紛失したパーティション-1】を選択しました。

その後、一番下にある【スキャン】をクリックします。

 

 

スキャンが始まると、SDカードに入っていたファイルやフォルダーがどんどん検出されて、長いリストになっていきます。

 

 

 

 

 

 

スキャンが終わると、SDカードに入っているフォルダが表示されるので、その中から復元させたいものを選びます。

 

 

 

フォルダの中にも、入っているファイルが表示されます。

 

 

3. 破損したファイルを確認

 

 

スキャンができたら、どのファイルを復元させたいのか確認していきます。
ファイルの作成日時やフォルダなどが表示されるので、どんな画像だったかおおよその予想がつけられます。

確認したいファイルを選択して、ダブルクリックすると・・・

 

こんな風に画像が表示されます。

壊れてしまったと思ったデータでも、こんなにちゃんと残っているんだ!と、当たり前なのですが「リカバリーってすごい!」と素直に喜んでしまいました。

 

4. 修復させるファイルを選択して、リカバリー

 

ファイルを確認して、修復させたいデータが決まったら、そのファイルにチェックマークを付けていきます。

 

 

選択し終わったら、右下の【リカバリー】を押せば、ファイルを修復することができます!

 

 

5. 足りない時は、シェアして修復できるデータ量を追加!

 

EaseUS Data Recoveryの無料版で最初に復元できるデータサイズは500MBなのですが、下の画像にもあるように、写真のデータは結構大きいですよね。特にRAWファイルだとさらに大きくなります。

JPEGで1枚7MBだとすると、500MBは71枚復元できる計算になります。

復元させたいデータがさらに多い場合、SNSでシェアすれば、1.5GB追加することができるので、同じ画像サイズなら、285枚復元できるようになります!

1.5GBあれば1回分の撮影データなら、不要なものを確認しながら除外していけば、かなりの枚数を復活させることができそうですね。

 

 

 

無料版で足りない場合は、有料版なら無制限にリカバリーできる

 

引用元:https://pcshop.vector.co.jp/

無料版で復元させたけど、やっぱりシェアしてもデータ量が足りなかった・・・と言う場合は、有料版もあります。

有料版は正直「安い!」と言えるほどの価格ではないのですが、でも随時アップデートもされるし、復元できるデータ量のは無制限なので、仕事の大切なデータやもう撮れない撮影データをあきらめることを考えれば、パソコンに入れておくと安心感があるかもしれません。

少しでも安く購入したい!という時は、ベクターPCショップなら、定価11,097円が→13%OFF9,612円で販売されているのでお得です。

ベクターPCショップへ

 

さらにMyCommerceでは、定価11,097円が→20%OFF8,900円で販売されています!

MyCommerceへ

 

 

撮影データはあきらめる前に無料ソフトで確認が正解

今回リカバリーソフトを使ってみて思ったのが、「データが残っている!」と確認できる安心感がとても大きいということ。

EaseUS Data RecoveryはSDカードの容量が大きいとスキャンの時間がかかるとはいえ、フォーマットしてしまってとっくに忘れていたむかーしのデータまでしっかり見つけてきてくれて、「え、こんなデータまで復元できるの!?」と予想以上に優秀そうな働きぶりを見せてくれました。

「データ復元って大変そう」と思っていたのですが、ソフトも分かりやすく使いやすかったので、データ復元できることすら知らなかった!という初心者さんでも使いやすそうだなと思いました。

無料版でデータを復元できるかだけでも確認することができるので、「メモリーカードが壊れてしまった!」と焦っている方の参考になれば嬉しいです。

コメントを残す