X-A3が登場!X-A2とX-A1との違いは?自撮りをしたい方におすすめな理由

 

富士フィルムから、X-Aシリーズの新製品、X-A3が発売されました!

私が持っているのはX-A1。実は、購入するときにはX-A2ももう出ていたのですが、あえて価格の安いX-A1を選びました。
今回の新製品X-A3とはどこが違うのか、購入を迷っている方にわかりやすいようにまとめてみたいと思います。

 

 

デザインがレトロ風に!


引用元:http://fujifilm.jp

一つ目の違いは、レトロデザイン!と公式HPで紹介されていたのですが、
そこまでX-A1, X-A2と変わっていないような気も・・・

カラーは定番のブラックに加えて、ブラウン、ピンク。
少しくすんだ落ち着いた色味で、大人の女性が好きそうな色味です。

X-A1はブラック・ブラウン・レッド、X-A2はブラック・ブラウン・ホワイトというカラー展開でした。
デザインの違いは、レンズの横が縦のラインでブロッキングされていることでしょうか。

引用元:http://fujifilm.jp

 

X-A2, X-A1の写真も載せてみました。
2つともデザインがほぼ一緒です。

 

FUJIFILM X-A2 レンズキット の製品画像

X-A2 (引用元:http://kakaku.com)

img_0064

X-A1

 

 

個人的にはこの2つも結構昔のカメラっぽくてかわいいと思っていたので、レトロデザインだと思っていました。
X-A3のほうが言われてみれば、さらにレトロなのかも?

どっちにしても、私も”女性が持っていても目立ちすぎずかわいいカメラ”が欲しくてX-A1を選んだところもあるので、女性にも好まれるデザインだと思います。

 

タッチパネル

screen
引用元:http://fujifilm.jp

新登場のタッチパネル。

タッチでシャッターを切ったり、ピントを合わせたりと、カメラに慣れていなくても直感的に操作しやすくなっているみたいです。

画面をピンチアウトすることで「タッチズーム」も可能となり、単焦点レンズをズームレンズ代わりに使用できます。

引用元:http://fujifilm.jp

って書いてあるので、どんな風になるのか見てみたいです。

スマホのようにタッチでピントを合わせたり、シャッターが切れたりするのは便利そうですね!

 

自撮りがしやすい!180° スライドチルト式背面液晶&美肌モード

selfie

引用元:http://fujifilm.jp

今回は女性にターゲットを向けた製品なのかなと思う大きなアップデートが、
自撮りがしやすい仕様。

X-A2は、画面が175°回転だったので、ぎりぎり自撮りができませんでした。

X-A1購入時は、「チルト画面で自撮りできなくても、アプリでリモート撮影できるからいいや」と思っていたんですが、X-A1はアプリでもリモート撮影できなかったので、これは誤算でした。

肌色の再現に定評のある富士フィルムが、さらに美肌モードを追加したことと、
自撮りがしやすくなったことで、セルフィーを綺麗に撮りたい女性にはうれしいカメラになったと思います。

 

 

ちなみに、X-A1の可動域はこんな感じです。

上を向けたとき

up

 

引き出した時

out

 

下に向けたとき(空や上の方を撮るときに、下からスクリーンを覗きながら撮影)
down
ちょっとわかりにくいですが、カメラの裏面から撮った写真です。

 

 

画質が1630万画素から、2420万画素に!

 

X-A3 X-A2 X-A1
2420万画素 1630万画素 1630万画素

 

X-A2, X-A1の1630万画素から2420万画素にアップ。
個人的にはそんなに大きなサイズにプリントアウトしたりしないので、1630万画素で満足しているんですけど、
より画素数が欲しい!という方には嬉しいアップグレードです。

 

シャッタースピードが速く!

 

X-A3 X-A2 X-A1
1/32000~30 秒 1/4000~30 秒 1/4000~30 秒

 

シャッタースピードも1/4000~30 秒から、1/32000~30 秒と、めちゃめちゃ速くなっています1

初心者に人気のキャノンのEOSシリーズの、EOS Kiss X8iもX-A1, X-A2と同じ1/4000~30 秒。
1/32000~30 秒は富士フィルムの上位モデルのFUJIFILM X-T2と同じスペックです。

そんなに速くて何に使うんだろう?と思ったので、調べてみましたが、
明るすぎる場面で撮影するときって、シャッタースピードがそれ以上落とせずに、NDフィルターが必要になることがありますよね?そんな時、さらにシャッタースピードを速くすることができれば、その場面にあった明るさで撮影することができるみたいです。

 

アプリでリモート撮影可能!

上で軽く触れましたが、X-A1, X-A2は、Camera Remoteアプリでカメラ内の画像を閲覧・送信はできますが、
スマホを操作してシャッターを切るリモート撮影は不可能。

X-A3では、リモート撮影が可能になりました!
これまで比較的新しい上位機種しか使えなかったので、この機能は嬉しいポイントになりそうです。
アプリについての記事はこちら
https://pic-sta.net/2016/11/01/camera-remote-wifi/

 

価格

ここまで見てきたら、気になるのは価格ですよね?

価格.comで現在のレンズキット価格を調べてみました。

 

X-A3 X-A2 X-A1
¥69,627 ¥48,000 ¥43,000

※2016 11/10現在

 

X-A1, X-A2との価格差は2万円ほど。
私はできるだけ安くカメラを始めたくて、X-A1の中古のレンズキットを2万円ちょっとでオークションでゲットしたので、やっぱり2万円の差は大きく感じます。

まだカメラを買ってなかったら、X-A3がもう少し安くなるか、中古が出るのを待つかもしれません。

 

 

X-A3は自撮りを綺麗に撮りたい方におすすめ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 フジフイルム X-A3 レンズキット ブラウン
価格:72410円(税込、送料無料) (2016/11/10時点)

 

色々ご紹介しましたが、X-A3はタッチスクリーンと自撮りができるチルトスクリーン、美肌モードという機能が大幅に追加されているので、セルフィーをたくさん綺麗に撮りたい方におすすめです。

ミラーレスなので、レンズキットのレンズと一緒に持ち歩いても、ショルダーバッグなら入るくらいの大きさで、
感覚としてはペットボトル1本分くらいの重さだと思います。

いつも持ち歩いてこまめにパシャパシャ撮れて、セルフィーもきれいなカメラが良いなら、チェックしてみてもいいかも。

 

コメントを残す