SNSの画像がおしゃれに♡ 無料アプリ ”Pixlr”でキラキラ加工する方法!

しばらく、仕事が忙しくて更新が滞ってしまっていましたが、
今日はSNSで流行りのキラキラ加工を”Pixlr”という無料アプリでする方法についてご紹介したいと思います!

 

キラキラ加工って?

sparkle

 

画像にグリッターを振りかけたような、キラキラ加工。
普通の何気ない写真が、一気におしゃれになるのでInstagramなどのSNSでよく見かけます。
「どのアプリを使っているんだろう」と思ったことありませんか?

流行り廃りが激しい画像加工のトレンドだから、できるなら無料で済ませたい!と思い、
方法を調べてみました。

定番のやり方から、完全無料でできるアプリの使い方まで、まとめてご紹介します。

 

無料アプリでもフィルターは有料

キラキラ加工の方法について調べていると、無料アプリでできるという情報が!
さらに見てみると、無料アプリ内でフィルターやエフェクトが購入する必要が・・・

キラキラ加工で人気のアプリのエフェクトは、どちらも¥200-400くらいでプチプラではあります。
アプリ内で購入前に、エフェクトを使うとどんな感じになるのか見えるので、試してみました。

 

 

Rookies Camは¥240

rookie-cam

 

まずは安い方からご紹介。
Rookies Camは、テクスチャでキラキラ加工ができます。
値段は、72種類のフィルターと、48種類のテクスチャで¥240。

キラキラ加工のテクスチャは、幻想的でふんわりした仕上がりです。

 

img_1154

 

MOLDIVは¥360

moldiv

幅広い加工ができる人気のアプリ、MOLDIV。
ベーシックな明るさ調整から、目デカ効果まで、いろいろな加工がコレ1つでできるので、
私も愛用しているアプリです。

アプリ自体はRookies Cam同様フリーなので、
画像加工したい方はおすすめですよ。

キラキラ加工に必要なフィルターパックは、¥360。
150種類のフィルターと60種類のテクスチャが入っています。

ラメ加工の仕上がりは、Rookies Camと似た幻想的な雰囲気。
どちらも同じ発行元のアプリのようなので、もしかしたら一緒なのかもしれません。

img_1153

 

Pixlrなら、完全に無料!

pixlr

画像編集にお金をかけたくない私がおすすめしたいのは、
”Pixr”というアプリ。

Android でも iPhoneでも使えます。

 

App Storeへ Google Playへ

 

 

 

キラキラ加工のやり方

1. 画像をPixlrで開く

cosmetic
まずは、Pixlrアプリを開いて、加工したい画像を選択してください。

 

2. ”オーバーレイ”を選択

screenshot_20161120-133120

 

画像を開いたら、下の方にあるメニューの真ん中、”オーバーレイ”をタップ。
すると、たくさんのエフェクトが出てくるので、好みのものを探しましょう。

下の丸いアイコンで、見たいジャンルをタップすると、
その中にあるエフェクトを見ていくことができます。

キラキラ加工のおすすめは、失敗の少ないdefaultの”bocea”や”bubble”など。
ラメのような小さいキラキラにしたいときは、acquestの中の、”purgatory”がおすすめです。

 

 

好みのものを選んで、微調整

screenshot_20161120-133013

 

好みのフィルターが見つかったら、それをタップして編集していきましょう。
一番下の緑のバーを左右に移動すると、フィルターの透明度を調整できます。

キラキラの位置を変えたいときは、四角いアイコンの上の、
▷│◁マークで左右を反転、 その右横のマークで上下を反転することができます。

 

 

 

フィルターを変えれば、違った雰囲気に♡

screenshot_20161120-133039   screenshot_20161120-133509

 

使うフィルターを変えると、雰囲気を変えることができちゃいます。
お気に入りのフィルターを探してみてくださいね。

もっとキラキラさせたいときは、もう一度使いたいフィルターを選んで、上に重ねていきましょう。
冒頭で使ったこの画像も、3,4種類のフィルターを重ねて作っています。

sparkle

 

フリーアプリでキラキラに♡

いかがでしたか?フリーのアプリでも、キラキラ加工は作れるので、
課金したくない!というときには、試してみてくださいね!

 

 

コメントを残す