レッスン 10【デジタルイメージ】(基礎コース最終回)

レッスン10は、基礎コース最終回!
頑張ってライブで参加しましたー。
レッスン日は8/17日でした。

今回は、解像度・ファイル形式・画像編集ソフトについて学びました。

解像度dpiは、Dot Per Inchのこと

画素数と画質の記事でも書きましたが、解像度というのも画質に大きく関わる要素。
衝撃の事実!画素数≠画質ではない!?きれいな写真を撮るには画質を優先するべき理由

 

解像度(dpi)って、画像編集しようとするときに、聞いたことありませんか?
このdpiとは、Dot Per Inchの略なんです。

Dotはピクセル(画素)のこと

Inchは長さの単位だからわかるとして、
じゃあDotって何?ということなんですが、
Dotとはピクセル(画素)のこと。

よく昔の携帯の写真をみると、四角がたくさん並んでいるように見えたりしましたよね?
その四角一つ一つが画素で、画素がたくさん集まって一枚の画像になっているんです。

ピクセルの密度が高いほどなめらかな画像に

dpiの値はつまり、1インチの正方形の中に、いくつのピクセルがあるかということ。
なので、ピクセルの密度の多い、dpiの値が大きいもののほうが、
目の詰まったなめらかな画像になるんです。

 

 

Raw形式について

カメラを本格的に始めたい人には欠かせない、
Raw形式についても説明がありました。

Raw形式とは、簡単に言うと、
後から気兼ねなく編集できるファイル形式のこと。

長くなるので全部説明できないのですが、
上級コースで詳しく学ぶんじゃないかなと思います。

 

画像編集ソフトについて

フォトショップ・ライトルームなど、どんな画像編集ソフトがあるかについても
少しだけ紹介がありました。

画像編集は主に上級コースの内容になるので、
今回はざっくりとした紹介のみ。

最後に上級コースの詳しい内容についての質問に答えてもらったり、
最後のPhoto of the Dayを発表したり・・・

ちょっとさみしくなりましたが、実は上級コースに申し込んだので、
またレッスンを楽しみにしたいと思います!

上級コースを受けるかどうか決めるまでの経緯についても、
また書きますね。

コメントを残す