【Snapseedの使い方】逆光でダメになった写真を復活させる方法

逆光になってしまった写真もアプリで復活!

 

せっかく写真を撮ったのに逆光で暗くなってしまっていてがっかりした・・・という経験はありませんか?
私もできるだけ光を意識して写真を撮るようにしているのですが、時間がなくて急いでいる時などは気にすることができず、たびたび逆光の写真になってしまいます。

そんな一見すると「失敗作」をアプリで修正してみましょう。
もしかするととっても気に入る「傑作」になるかもしれませんよ!

今回は逆光になってしまった写真の修整方法をご紹介します。

 

「シャドウ」の値を上げて、逆光部分を明るくする

 

逆光になってしまった写真の修整方法は実はとても簡単。
写真の加工アプリの「シャドウ」という項目の数値を上げるだけです。

シャドウとは、写真のなかの暗い部分だけの明るさを調整する項目です。

上の写真は、トップの暗い写真からシャドウの数値を上げただけのもの。比べてみると被写体の鳥の暗さがかなり軽減されて見やすくなっていると思います。

こんな風にシャドウの値を変えるだけの一手間で、かなり写真の仕上がりが変わるので、
「もうだめだ」と思った写真もあきらめずにぜひシャドウを調整してみてください。

 

「シャドウを調整するっていってもどうすればいいの?」と思った方のために、
私がいつも使っている写真編集アプリの「Snapseed」での加工の仕方をご説明します。

よかったら試してみてください。

 

Snapseedでのシャドウの調整の仕方

 

①ツールを開く

 

Snapseedを開くと、右下に「ツール」というメニューがあるのでクリックします。

 

 

②画像調整を選択

 

すると、たくさんの項目が現れるので、一番左上の「画像調整」の項目を選択します。

 

③シャドウを選択

 

下から項目が出てくるので、スクロールしてその中から「シャドウ」を選びます。

 

④シャドウの値を高くする

 

上にシャドウの値を示すバーが表示されるので、左右にスクロールしてちょうどいい値に調整します。
この写真の場合は影がかなり濃かったので、最大値の「+100」に設定しました。

 

⑤出来上がり

Before After

 

この方法で修正した画像がこちら。
Beforeの影で黒くなっている部分がかなり明るくなり、被写体の鳥にぱっと目が引き付けられる写真になりました。

 

一手間で綺麗な写真に

初めての時はお使いのソフトやアプリで「シャドウ」という項目を探すのに少し時間がかかるかもしれませんが、なれれば簡単に逆光の補正ができるようになります。

暗い写真でがっかりしてしまったことのあるかたは、ぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す