高級コンデジFUJIFILM X70が来たのでレビュー!やっぱりフジのカラーが好き♡

PowerShot G7 X Mark IIのレビュー後、新しいコンデジが我が家の一員になったのでご紹介します!

 

こちら、FUJIFILMのX70です!

今回はこのカメラを購入するまでの経緯と、試し撮りして使ってみた感想をまとめてみたいと思います。

 

X70を購入した理由

ミラーレスカメラX-A1で写真の楽しさを知った後、カメラ歴(2年弱)が長くなるにつれて、「自分に合ったカメラを常に持ち歩きたい」という気持ちが強くなりました。

一眼レフは綺麗に撮れるけど、重い・大きくて持ち歩かないので×。ミラーレスも小さいけどそれでも持っていけないことがあるので△。 それより小さいとなると、高機能なコンデジ!!

というわけで、【自分に合ったカメラ】に出会うべく、ネットでリサーチをいっぱいしました。
そこで「PowerShot G7 X Mark II」を見つけ、購入。想像以上の使いやすさと高機能でとても気に入ったのですが、PowerShot G7 X Mark IIのレビュー記事でも書いたように、1つ気になる点が・・・

それは【色】。
元々X-A1というFUJIFILMのカメラを使っていたこともあり、FUJIFILMのカラーにすっかり魅了されてしまっていて、PowerShot G7 X Mark IIで撮った写真も綺麗なのに、なぜか満足できないという矛盾に気づいてしまったんです。

そこで、FUJIFILMのコンデジのリサーチを開始。
X100Fが良さそうに見えたものの、中古でも値下がりしておらず断念。他のX100シリーズとX70を比較し、価格的にもスペック的にも満足できそうなX70を購入することにしました。

 

X70の気に入ったポイント

まずは、X70の気に入ったポイントからまとめていきたいと思います。
このレビュー内の写真は、どれもX70を初めて外に持ち出した日にAutoとAモードで撮影した加工なしの写真です。色味や雰囲気などの参考にしてみてください。

色がキレイ

 

X70を使ってみて、やっぱり一番気に入ったのはFUJIFILMらしい”色”。

グリーン一色の被写体を撮っても、深い部分や淡い部分など微妙な色味も繊細に表現してくれるので、目で見たまま、もしくは目で見たよりもキレイな写真が撮れて楽しくなります!

 

 

どこにでも咲いている花でも、フジらしい自然だけど鮮やかで美しい色で再現されると、「素敵な写真が撮れたな」という満足感がありました。

花びらのブルーや中心のイエローも程よい発色ですごく好みです♪

 

細かい操作がしやすい

 

もう一つのいいなと思った点は、使っていて「直感的に撮りやすい」ところです。
露出・絞り・シャッタースピードの3つにそれぞれのダイヤルが割り当てられているので、設定を変えたいものだけをさっと変更することができます。

特にAモードの時には、レンズ手前にあるダイヤルをクルクルと回すだけで絞りの値を変えられるので、撮ることに集中できてよかったです。

 

使いやすい画角

 

X70は広角28mmで、大体のスマホと同じような画角なので、直感的に使いやすかったです。
いつもスマホで撮りなれているのと似た感覚で使うことができるので、違和感なく撮影できました。

 

28mmだとある程度広い範囲も撮れるので、自撮りなどで背景を入れたい場合にも使いやすい画角だと思います。

 

マクロモードで寄れる

 

少し心配していたマクロモードですが、最短焦点距離(ピントの合う一番近い距離)が10cmなので意外と近くまで寄れます。

 

 

広めの画角&寄れる、ということで料理などテーブルフォトでも使えそうだなと思います。

 

 

タッチパネル・チルト画面

 

レビューするまでもないことかもしれないのですが、タッチパネルとチルト液晶があるのはやはり使いやすいです。

180°回るチルト画面なので、自撮りも簡単にできちゃいます!旅行先でスナップ写真を撮りながら、合間に自撮りを撮る・・・なんてときに活躍してくれそうです。
実際、この日も一緒に出掛けた友達と自撮りして、撮った写真をあげたら喜ばれました。

X-A1はタッチパネルではなかったので、タッチでピントが合わせられるのがこんなに便利とは思いませんでした!
撮った後の確認もピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小しながら確認できるので便利だと感じました。

 

外見が小さくてかわいい

 

街中でミラーレスや一眼レフで撮影しているとかなり目立ってしまうのですが、X70はコンパクトだから全然注目されている感じがありません。

いつものカバンにポイっと入れておけば、いつでもキレイな写真が撮れるので、カメラを持ち歩く機会がかなり増えました!

レトロな感じでオシャレな外見もかわいくて気に入っています。女性も持ちやすく、男性が持っていてもオシャレなデザインだなと思います。

 

ちょっと気になったポイント

ほとんどカラーだけでも満点の満足度で、さらに意外と使いやすかったので文句はつけたくないのですが、「やっぱりここは気になっちゃうかも・・・」と思うところが少しあったので、そちらも共有しておきたいと思います。

Autoではピントが迷いやすい

 

FUJIFILMが弱いとされているAFですが、改善されてきているとは言えX70もまだ少し他社カメラに追いついていない感がありました。

オートのままだと半押ししてもなかなかいってほしいところにピントが合わず、ピントが合ったと思っても上の写真のようにパソコンで確認するとあっていないことも。

 

 

この写真のように一見ピントが合っているように見えて、実は微妙にずれてしまっているものもいくつかありました。

ピントについては実用に耐えるかどうかを知るために、後日シングルAFに設定を切り替えたら私的には大丈夫なくらいに使えるようになりました。

タッチAFでもピントを合わせられるので、設定や使い方を工夫すれば問題ないと感じるかもしれません。

 

手振れ補正がない

これも承知で買った部分なのですが、手振れ補正がないのが気になる方もいるかもしれないのでお知らせしておきます。

野外や室内の明るい場所での撮影は手振れ補正がなくても、レンズが明るいので不満を感じるところは今のところありませんが、暗い場所での撮影は三脚必須になると思います。

動画撮影に使いたい場合は、後から動画編集ソフトで手振れ補正をかけるなどしないと、手持ちだとかなり厳しいかもしれません。三脚で固定した動画は問題なくきれいに撮影することができました。

 

最高のスナップカメラに出会えたかも♡

 

FUJIFILMのX70は、FUJIFILMカラーが好きな方・2台目やサブカメラ用のコンデジを探している方におすすめできるカメラです!

個人的にはまさに探していたカメラで、とっても気に入りました!!

X70の魅力を分かりやすく例えるのが難しいのですが、
PowerShot G7 X Mark IIがクラスの人気者の優等生だとすると、X70はクラスの中ではおとなしいけど実はいろんな賞をとったりしているセンスのある子・・・というような感じでしょうか?
・・・伝わるかな・・・?

X70は型落ちで中古価格も下がってきているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

コメントを残す